法テラスなんか

by ,

 

公のサポートセンターというところでは、消費者生活センターとか国民生活センターなどの相談窓口として有名で、相談料なしで相談にのってくれます。でもただ、敷金トラブルを抱いていると知って、消費生活センターの名でだまして悩み事を聞いてくれる電話されることがあるためきちんと気をつけることです。

 

こちらから相談話を持ちかけない限り、消費者生活センターから電話が来るようなことは全くないので、気軽に電話に応じない様に念を押すことが大事です。敷金をはじめとしたもめごとは、消費者そのもののいろんな形のもめごとを解消するためのサポート窓口というものがそれぞれの地方公共団体に備えられていますから、ひとつひとつの地方公共団体の相談窓口の詳細をよく確認してみましょう。

 

つづけて、信じることのできる窓口を前にして、どんな表現で対応していったらいいのか聞いてみよう。ただし、あいにく期待できないことに、公共機関に相談されても、本当には解決に至らないケースが多々あるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です