不動産会社に物件を売却するときの心がまえ

by ,

業者が古いマンションの買取をするのは、
新しいマンションを購入してもらうためのサービスみたいなものです。
不動産会社に買取を頼んだ時のように、
古いマンションのグレードから立地条件などの
世間からの受けの有無は売却の値段には反映されません。
不動産会社に売却に出す前に、複数の買取業者の査定を受けて、
相場を確認しておいてください。
不動産大手で新築マンション購入の場合、
今の土地の売却を不動産会社にお願いするという方法もありますね。

実際には、不動産会社に売却をお願いしてしまうと、
実は損になるケースがほとんどでしょう。
不動産会社は主に新築マンションを売っていますので、
売却価格が高いと、それだけ利益が減るということになります。
マンションの買取と仲介を比べてみたとき、
仲介のほうがいいと考えられる方も少なくないと思います。
確かに、買取の場合は欲しいマンションを物件の売却額で購入額から値引きが可能ですし、
買取の手続きも購入手続きも一挙に行うことができるので楽ではあります。

しかし、売却価格に絞って考えると、仲介の方に軍配が上がります。
不動産会社を利用してマンションを売りたい場合、
一つの業者だけに査定をお願いするのは良くありません。
なぜなら違う業者にあたっていれば
マンションにもう少し高い査定額がついていた可能性を否定できないからなのです。
最近ではインターネット上で簡単にいくつかの業者に同時に
おおまかな買取額を出してもらってざっと比較検討ができます。
それなりの手間暇をかけることになったとしても、
多くの業者によって査定を受けておくと査定額は相場に合った適正なものになり、
満足のいく物件とのお別れになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です